レインボー療法

レインボー医学は、日本で生まれた!

レインボー医学ってどんなもの?

レインボー医学ってどんなもの?

レインボー療法は、古来より伝わる中国医学の基本理論である整体観念・弁証論治・陰陽五行説を源としています。

この理論を元に日本の小野田順亮先生(現:上海中医薬大学附属龍華病院名誉教授)が開発された「色の力を利用したレインボーテープ」「形状と鉱物の力を利用したレインボーパワー」と呼ばれる健康器具を、経穴(ツボ)や症状の部位にアプローチする事によって氣や経絡の流れを正し、自然治癒力を引きだす施術法です。

非侵襲性(体を傷つけない)で体に優しく、電気や薬も使いませんので、他の療法と併用して施術する事も出来る理想的な療法といえます。

波長領域

また、レインボー療法は体の外からだけではなく、天然素材を成分としたサプリメントシリーズ「五行宝」などを飲用することにより、体の中からも同時に働きかける「内外同治」を基本としていますので、相乗効果により、高い効果が期待できます。

日本国内でレインボー療法を利用されている先生方は1500名(医師・歯科医師・柔道整復師・鍼灸師・エステシャンほか)を超え、大阪と東京を中心に開催されている研修会には新しい先生方が次々と参加されています。

中でもレインボー療法を開発された小野田先生が会長を務め、全国の治療家の先生方が中心となり組織されている「国際レインボー医学学会」は、中国や韓国、台湾といった海外の先生方も会員として参加し、世界大会を開催(2005年・東京歯科大学内血脇記念ホール/2006年・京都大学内100周年記念会館)するなど国際的に活動しています。

氣の流れを整えることで健康に!

波長領域

人間の体の内部には氣の流れがあり、この氣の流れが悪くなると身体にさまざまな異常が現れたり内臓が病んだりします。この理論は、西洋医学ではありませんので、科学的な証明はされてはいませんが、アメリカ・西欧では代替医療として、この理論を使った治療が多く取り入れられています。一般的に行われている治療の約80%以上はこの代替医療を併せてやっているのが実状のようです。つまり「氣」が何か?は解らなくても存在すること、効果があることはアメリカ・西欧でも確信されているのです。

では、レインボー療法をやっているかというと、まだごく一部の医療関係者が使用している程度です。これは、レインボー療法が日本で生まれた治療方法であり、十数年ほど前に生まれた新しい治療方法であるため、まだ海外には知られていないからです。ですから、知られざる最新の治療方法とも言えます。東洋医学の権威である中国の先生方も日本で勉強し、研究している治療方法なのです。中国人が鍼灸を日本に来て勉強することはまずありません。なぜなら、鍼灸の元が中国だからです。しかし、レインボー療法は、元が日本なので、勉強が必要なのです。と言うより、一緒にレインボー療法を育てていると言った方が適切かもしれません。それだけ、レインボー療法は本物であると中国の専門医が認めてくれている治療方法なのです。

日本の医学界でも最近はだんだんと認められるようになってきおり多くの医学部の大学病院の先生達が参加・関係している「予防医学学会」でも 2006年にはこのレインボー療法が発表されています。

レインボー療法について

レインボー療法は、東洋医学を応用して、ツボにその流れを良くする色体テープ(レインボーテープ)αテープ(丸型の色テープ)を貼ったり、氣を送り込むレインボーパワーを使ってその人の弱い流れを強めることで、痛みや症状を取り除く治療法です。

中国古来の自然哲学、陰陽五行説によると人間には五臓六腑を司る流れがあり、そこを流れる氣が滞ると痛みや症状が現れると言われています。 つまり、どんな病にも氣の流れが関係しているのです。

レインボー療法は、東洋医学と西洋医学、そして現代科学の合体により生み出された伝統的でまた新しい治療法なのです。

色は、人の健康に大きな影響を与える!

この事実が現代医学の現場からも注目をされるようになりました。病院では壁紙の色に工夫を凝らしたり、血圧の高い人に青い洋服を身につけるようアドバイスするケースも出てきているようです。

しかし、色が生命にとって極めて重要な役割を果たす事は、一般には今でもあまり知られていません。誰もが色は目でとらえ、そして識別されると思っています。しかし実は、皮膚にも色をとらえる能力が存在するのです。

色は波動(はどう)、つまり振動なのです

今日の科学では、色光は電波や熱と同じ振動の一種である事が知られています。この振動の中で目に見えるものが可視光線と呼ばれ、波長の長い順から赤・黄・緑・青・紫へと変化していきます。色光の振動数のほんのわずかな領域だけは人間の目が感じて、つまり見る事が出来る訳です。

人間の皮膚は紫外線に当れば日焼けし、赤外線に当れば熱を感じます。色は人間の目には見えない紫外線と赤外線の間の振動ですので、紫外線や赤外線の影響を受ける皮膚が、その影響を受けないはずはないのです。

レインボーパワーって!?

「形状の力」と充填された「鉱物の力」を利用した健康器具です。経穴(ツボ)や疾患部位にアプローチすることにより、「氣」「経絡の流れ」を整え自然治癒力をサポートします。

非侵襲性(体を傷つけない)ですので体に優しく、電気も薬も使いませんので、他の療法と併用して施術する事も出来ます。このレインボーパワーの源は、レインボーパワーが持つ2つの特性によるものです。

地球内部に満ち溢れたエネルギーをたっぷり吸い込んだ厳選鉱物を充填

地球の内部は活性的な宇宙エネルギーに満ちています。地殻のマグマのエネルギーは、地球の回転軸方向から取り入れた宇宙エネルギーによるものなのです。地球の内部の宇宙エネルギーは絶えず地球表面に放射されています(これが地の氣の波動)。それを吸収しながら地表に出てきた温泉の水が、エネルギーに満ちているのは当然です。
温泉の医療効果は宇宙エネルギーによるものなのです。

このように地球の内部は宇宙エネルギーに満ちているので、長い期間地球の内部に存在した鉱物は、宇宙エネルギーと共振するような波長を持つ材質に変化しており、それらが地球表面に出てきたときにも宇宙エネルギーを放射する物質になっているのです。

ただ鉱物がすべて宇宙エネルギーを放射するのではなく、鉱物の結晶状態や温度など、ある条件のものだけが、宇宙エネルギーを放射する材料になっているようです。その研究の上でレインボーパワーに鉱物を内蔵しています。

ピラミッドのもつ形状の力を応用

これは、宇宙エネルギーが図形と共鳴(共振)するという性質を利用するものです。宇宙エネルギーは、三角形、四角形、六角形や円などの平面図形やピラミッド、半球や球などの立体図形と共鳴するという現代では全く説明できない性質があります。図形が宇宙エネルギーと共鳴すると図形が宇宙エネルギーを集積したり、放射したりするという不思議な現象が起こります。

たとえば、ピラミッドパワーというのはピラミッドを形成する4つの三角形と1つの四角形が宇宙エネルギーと共鳴し集積放射された宇宙エネルギーです。強力なピラミッドパワーを得るには、1辺を正確に北にあわせる必要がありますが、この事はピラミッドパワーが、地磁氣と関係していることを示しており、ピラミッドパワー、即ち宇宙エネルギーが磁氣粒子であるという説を裏つけていると思われます。

なお、ピラミッドは方向性があるため使いにくいのですが、ピラミッドの変わりに半球を用いても、類似の宇宙エネルギーが得られる事が知られています。半球状だと方向性がなく、大変使いやすくなるので、レインボーパワーはそれを利用しました。

材質

一般的にエネルギーを通しやすいのは金属ですが、金属の種類により異なります。金属の場合、アルミニウム、胴、銀、白銀、金の順でだんだん宇宙エネルギーをよく通すようになります。したがって、宇宙エネルギー集積・放射商品を作る場合、白銀や金で作ることが望ましいことになります。故にレインボーパワー本体は、真鍮(黄銅)で氣を通しやすくする為に表面仕上げに24Kの3ミクロンのコーティングをしています。

基本的な使い方は?

レインボー医学ってどんなもの?

基本的な使用方法は、痛みを感じている所に少し押さえる程度、肌に直角に30秒程度(SP-DXの場合)押し当てて下さい。また、レインボーパワーは東洋医学でいうツボ(経穴)に当てた方がより効果的ですので、レインボー療法研修会で学ばれる事をオススメします(全国各地から多くの治療家が参加)。

人によって一時的に痛みや倦怠感などの症状が現れる事があります。これは好転反応といって、改善される為の一時的な現象ですので、安心して下さい。

寝ているだけで健康に!

レインボールームとは?

波長領域

中醫學では、人の体には、氣の流れがあって、その氣の流れが悪くなったり、滞ったりすると具合が悪くなったり、病氣になったりすると言われています。その氣の流れを簡単に良くすることができたとしたら、自らの治癒力が高まり、常に健康な肉体を維持することができるようになるに違いありません。そんな夢のようなことをかなえてくれるのが、このレインボールームなのです。

陰陽パワー(氣を注入したり抜いたりする器具)と天井パワー(氣を取り込んで放射する器具)を使って、身体を流れる氣を強めて、身体全体に流します。また、ヨーロッパで古くから医療にも使われている色彩療法を応用した色の照射を同時に受けますので、相乗効果により身体全体の氣・血・水の流れが短時間で良くなります。

この不思議なリラクゼーション空間を是非味わっていただきたいと思います。「ただ寝ているだけなのに身体が温かくなってきて、身体がすっきりした感じ」「入っているうちは、何も感じなかったのに入った日から、不眠が解消して、よく眠れるようになった」「咳がひどくて眠れなかったのに、その日から咳がとまった」「身体の疲労が抜けていく感じ」「目の疲れがとれて、よく見えるようになった」と反応は、さまざまですが、血流や氣の流れがよくなり疲労も回復することで色々な効果が期待されます。

この不思議な氣のパワーの力を是非味わってみていただきたいですね! 時間は、10分程度で充分です。こまめに利用することをお勧めします。

自然治癒力を高めるには超お薦め!

ピラミッドパワーとびわの葉の秘密

波長領域

びわの葉を用いた療法は仏教医学としてインドから始まりました。インドの古い経典には、びわの木の優れた薬効について記載されており、あらゆる病気を治すと説かれています。

また中国の古典漢方書である「本草綱目」にもびわの葉の効用について説かれています。びわの葉には、様々な成分が含まれています。特にアミグダリンという物質には様々な病いを引き起こすといわれる酸性血液を弱アルカリ性に戻す働きがあり、びわの葉の薬効の秘密といわれています。

ピラミッド温熱リラクゼーションでは、びわの葉とピラミッドパワー、そして温熱を組み合わせたびわの葉温熱と氣の波動を皮膚から吸収させる方法をとっております。からだ全体の免疫機能や体力、そして氣が衰えているかた、からだ全体を改善したい方にお薦めです。

なお、施術の際には生のびわの葉を使うのではなく、びわの葉から抽出したびわの葉エキスを使い、ピラミッド温熱器により、皮膚から吸収させる施術をいたします。びわの葉のエキスには、疲労回復、血行の促進、疼痛緩和、体を温めるなどの効能があります。最後の仕上げに行うオイル浸透マッサージと、ここちよいピラミッドパワーの温熱波動は、今まで感じたことの無かった新たなリラクゼーションへと必ずやあなたをいざなうことでしょう。

体には、氣が取り込まれる場所(チャクラと呼ばれる)があり、そこに氣を送るとからだ全体に取り込まれていきます。チャクラは、体の前面と後面に存在します。

  • 施術方針
  • レインボー療法
  • 家庭でできる健康法
  • 健康保険の取り扱い
Copyright © 田代接骨院 All rights reserved.