院長ブログ

院長ブログ

ALL

片山さつき参議院議員と会食
2015.11.24

11月20日(金)片山さつき参議院議員が宇都宮に来られ、私も業界の代表として

参加してきました。会食といってもケーキひとつのささやかなものですが、いくつか

の団体の代表者が集まり、業界としての要望を聞いていただきました。

議員のお父さんは、元宇都宮大学の学長をされていたということをお聞きし、栃木県

とも浅からぬ縁があることを知りました。これからもぜひ国政の場で活躍して頂きたいと

思います。

IMG00678

いっしょに写真を撮らせていただきました。テレビでは、はっきりものを言う方で近づき

難いというイメージでしたが、写真にも気さくに応じていただきとても好感が持てました。

新潟で舌づつみ
2015.11.11

新潟で接骨医学会が有り11月7~8日に行ってきました。土曜の夜は栃木県の役員で

会食しました。せっかくなので会席料理のコースを予約しておきました。

IMG00660 IMG00661

前菜です。柿をくり抜いた器、、こってますね。  地場産の珍しい野菜です。いちじくもありました。

IMG00662 IMG00663

お刺身も新鮮でプリプリ、のど黒もありました。 甘鯛の焼き物です。ふっくら柔らかでした。

IMG00664 IMG00665

カニの甲羅に酢の物のカニの身がぎっしり。   牛肉の石焼です。柔らかくジューシーでした。

IMG00666 IMG00667

エイのあげもの、柔らかく臭みもなく美味です。 辛子味噌で焼いた新潟こしひかりの焼きおにぎり

すべが、心躍らせるひと皿でした。ごちそうさまでした。

胃にやさしい食べ物とは?
2015.11.10

よく胃経が悪くて症状が出ている方に「胃を大切にして下さい」ということがあります。ほとんどの皆さんが「はい」と答えますが「では胃を大切にするとは、何をしたらいいかわかりますか」と聞くとたいてい「わかりません」と答えます。具体的に何をしたらよいかを知っている人は、少ないのです。

そこで私が普段アドバイスしている内容を書きたいと思います。

先ず、基本的に胃に悪い食べ物と言うと、砂糖、油を使った料理、冷たい飲み物食べ物などです。そして、胃を守るためには良く噛むこと、摂る時間を規則正しくすること、過食にならないようにすることも重要です。

また、胃経は、「湿邪(しつじゃ)」によって弱ると言われており湿気に影響を受けます。ですから雨の日は注意が必要です。特に寒さも一緒に受けると急激に弱ってしまうので、注意しましょう。

では具体的に胃にやさしい食べ物と飲み物はというと

おかゆ、蒸しパン、やわらかめにゆでたうどん、じゃがいも、豆腐、豆乳、ゆば、ささみや鶏ひき肉、魚のすり身(はんぺん等)、大根、キャベツ、カブ、長芋、里芋、バナナ、漬け物、あま酒、葛湯などですが、できるだけ温かい料理で摂ることが大切です。生野菜などは、胃を冷やしてしまうので、あまりお薦めではではありません。炭酸飲料や甘い飲み物も控える必要があります。

口内炎などが出来ているときは、胃が「疲れているから休ませて!」と訴えている時なので、少しの間おも湯程度にして食べること自体を休み、口がしみるのが治ってから上記の食べ物、飲み物をできるだけ温かい料理で食べるのがいいですね。胃が疲れている時には試してみてください。

韓国料理は、やっぱり美味しいです。
2015.11.02

10月31日から11月1日にソウルに行ってきました。

5月以来のJRCの講習会です。韓国でのウイルス感染症騒ぎで8月の講習会を延期したためです。

土曜の夜は何回か行っているカンジャンケジャン(カニの醤油漬け)の有名店に連れて行ってもらいました。

カンジャンケジャンカニみそごはん

上の写真が定番のカンジャンケジャンにカニ味噌ビビンバです。しょっぱすぎずカニの甘味と

濃厚なカニ味噌の旨みがたまらない絶品です。

カニ海鮮鍋 甲羅ごはん

上の写真は、一緒に食べたカニ海鮮鍋です。辛めのスープですが、カニの出しがきいていて、旨みたっぷりの鍋でした。

甲羅に残ったカニ味噌をご飯に混ぜて食べると美味しくて何杯でも食べられてしまいます。

ごちそうさまでした。

 

JRCの紹介ビデオ
2015.10.29

JRCの紹介ビデオが載っているページの紹介です。

JRCを学んでいる方にとっては、とても参考になるコメントが流れていますので、

ぜひ参考にしてください。

田代富夫のJRC関節可動回復矯正法「圧の強さはどれくらいですか?

http://fasttubi.com/watch/HVeyQ0jUmR4/.html

顎が痛くなったことで、長年悩んでいた偏頭痛が治った!
2015.10.07

口を開けると顎が痛くなり、悩んでいたところ、私の接骨院に来てすぐに治った友人に紹介されて来院された方との会話です。

予診票を確認して、少しの問診の後、C3C1(頚椎の3番と1番のこと)に圧痛か硬結があるはずと軽く押して見る。

「ここに痛みがありませんか?」

「あれっ痛いです。今まで気づきませんでした」

「こういう場合は、骨盤の左右の動きのバランスが悪いことがほとんどなので、そちらも検査してみましょう」

可動検査をする。左仙腸関節可動障害と左パトリック制限が見られた。

「左の動きがこんなに悪いですねぇ」

「本当!こんなに動かないなんて知らなかったです」

「座っていても立っていても、腰の周りがすぐ張ったり疲れたりしませんか?」

「はい、いつも感じています」

「こういう人は後頭部痛や偏頭痛が出てしまう人が多いんですよ」

「えっ実は、私もしょっちゅうそれで悩んでます。首の後ろあたりは、いつも突っ張った感じです。」

「そうですか、あまり症状がひどい人などはレントゲンやMRIの検査に行って、異常がないと言われて、それでもこんなにひどいのにとがっかりしている人がほとんどなんですよ」

「そうなんです。私も心配で検査に行って同じように言われました」

「そうだったんですか、それでも納得できなくて脳神経外科や心療内科などに行かれる方も多いようですよ」

「はい実は、私も行ったんです。結局は、脳には異常はないし原因が分からないと言われました」

「ではまず、この動きの悪くなっている骨盤から矯正してみましょう」

JRCで仙腸関節を左右2回矯正する。

「矯正というから、バキバキやられると思ったのに触っているくらいなんですね。」

「では、どう変わったか確認してみましょう」

再度可動検査をしてみる。

「えーっ、あれだけでこんなに変わっちゃうんですかー」

「実は、これだけでも首に変化が出ているはずなんですよ」

C3C1の圧痛・硬結を軽く押して再確認する。

「すごい骨盤を少し触っただけなのに楽になっています!」

「さらに首と上半身を緩めると、もっと楽になりますよ」

さらに上半身と頸部のJRCを行う。

「どう変わったか、首の屈伸と回旋をして試してみてください」

「すごい!こんなに動きます。首がすっきりして目の周りも明るくなった感じです。口を開いても顎も痛くありません。顎はいじってないのに不思議!」

私は、その言葉を聞きながら、同じような会話を月に何度繰り返しているのだろうと、思わず微笑んでしまいました。それくらい同様の症状で来院される方が多いのです。

その直後から、いままで苦しんでいた偏頭痛は激減し、週1回で何度かの矯正の後、まったく症状は、消えました。このような患者さんが、かなり当院に来院されるのを見ると同様の方が世の中には、まだまだたくさんいるようです。そのような方にも、ぜひJRCを知って頂きたいですね。

マッサージする、お風呂で温める、運動する、これが治りを悪くする3悪だ!
2015.10.07

何ヶ月も痛みが取れずに来院される方にいつも聞くことがあります。「痛い部分を直接マッサージしたり、お風呂で温めたり、無理に動かしたり、度を過ぎてアルコールを飲んだりしていませんか?」必ずどれかは当てはまるはずです。これらは、軟部組織の修復の過程でキズの治りを遅らせる行為だからなのです。

修復の初期段階から損傷部分を直接マッサージしたり無理に動かしたり、特に傷のある筋肉繊維を引き離す動きをすることは、せっかく修復しようとしているところをわざわざ壊しているのと同じことです。場合によっては2次的損傷を起こし、また一から修復をしなおさなければならなくなります。ですから、大切なことは、修復期間はできるだけ安静を保ち過度の刺激や運動を避けることが大切なのです。また腫れているということは、送ったものが戻れずに溜まってしまうから腫れているわけですから、そんなときにお風呂やアルコールを取りすぎるとさらに滞りを起こし腫れが悪化したり、痛みを取れにくくする原因になります。特にはっきりとした腫れがある時期と自発痛や夜間に痛みがある時期は避けたほうが良いでしょう。これらをしっかりやめるだけでも今まで修復がなかなかされなかった部位がちゃんと修復されるようになるのです。

血糖の高い方が守るべきこととは!
2015.10.02

今や国民病と言われる糖尿病ですが、改善の基本は、食事と運動です。

どんなことを守ればよいかをまとめてみました。

ぜひ、参考にして下さい。

運動でお薦めなのは、毎日40分の歩行か下半身の持久力を強化する運動です。

そして食事の基本、選ぶべき食事とは?

主食は、玄米がよい できなければ雑穀米、麦など 

単にカロリーで考えるのではなく、食べる種類を考えましょう。

食べたほうが良いもの

豆腐 納豆 発酵食品 梅干 シラタキ こんにゃく 鰹節 小豆とかぼちゃの塩煮

ふきのとう フキ フキの葉 タラの芽 うど 玉ねぎ(赤たまねぎは特に良い)

豆乳 味噌 ビタミンB群の多い緑黄色野菜 けんちん汁 まるごと食べられる小魚

肉は控えめに!肉を食べてしまった時には

グルカン、ペクチン、マンナンの多いものをいっしょに摂る

グルカン=きのこ類 ペクチン=りんご、じゃがいも、イモ類 マンナン=味噌、こんにゃく

摂らない方が良いもの

*白砂糖 スポーツドリンク ジュース類 果糖(とくに寝る前に食べない)

少量なら摂っても良い砂糖とは→キビ糖 テンサイ糖

*油とくにトランス脂肪は良くない ショートニング、マーガリン 紅花油 リノール酸の多い油 動物性の油 カップ麺 フライドポテト

少量ならとっても良い油 しそ油 ごま油 ナタネ油 米ぬか油 オリーブ油

ホームページを新しくしました。
2015.10.01

10月1日よりホームページが新しくかわりました。

なかなか見やすいホームページになったと思います。

しばらく、ブログも更新できませんでしたが、れからこまめに更新したいと思います。

いま、あらたにスマホ用のホームページも作成中なのでお楽しみに!

4 / 41234
Copyright © 田代接骨院 All rights reserved.